ペロッタの想い

ペロッタのこだわり
豊かな滋賀県には、まだまだ知らない 味力 がいっぱい!!!

『農家さんや漁師さんが、丹精込めて作り上げてきた 安心・安全 な 滋賀の恵み をお伝えしたい!!

ペロッタは、そんな想いをお料理にして皆様にお届けします。

みんなで滋賀を食べて、みんな元気に(^^)/
 

【地産地消】食材は できるだけ 滋賀県産のもので

その1.こだわりのピザ

ペロッタのピザ達

生地は北海道産 超希少小麦「はるゆたか」と 滋賀県産の「米粉」をブレンドしたオリジナル生地!

はるゆたか

北海道産 超希少 小麦「はるゆたか」
県内では、ピザに適した小麦が手に入らないので、香り・味わいすばらしい 北海道産 超希少小麦「はるゆたか 100%」を選びました。

滋賀県産の米粉とブレンドすることで、他にはないペロッタオリジナルの味わいと食感が生まれます。
北海道産小麦「はるゆたか」と滋賀県産の米粉をブレンド

2日間じっくり発酵!

生地にこだわりの 海塩 と 国産天然酵母 を加えます。低温で寝かせること2日間。

旨みが増えて消化も良くなります。

焼き上げる直前に生地を伸ばしトッピングしていきます。

生地を伸ばしトッピングします

高温の薪窯で一気に焼き上げます

400℃以上の高温でわずか90秒。

一気に焼き上げるので旨味や水分を閉じ込め、表面はパリッとこんがり、中はしっとりジューシーに仕上がります。

高温の薪窯で一気に焼き上げます

さあ、熱いうちにお召し上がりください(^^)/

熱いうちにお召し上がり下さい

その2.近江野菜

窯焼き旬野菜 特製バーニャカウダソースで
近江(滋賀県)は、京の隣国。

都の人々の食をまかなう産地として、数多くの伝統野菜が作られてきました。

また、交通の要衝でもあることから、夏秋野菜秋冬野菜合流点として独特の品種が生まれ発展し、全国へ広まってきました。

甘くて独特の風味があります。生野菜サラダはもちろん、加熱することでより一層甘みが引き立ちます。

その3.琵琶湖の希少な食材

琵琶湖産テナガエビのオイル煮
旬の琵琶湖産の食材を取り入れています。

手長エビビワマス氷魚(ひうお)瀬田しじみ など、希少な魚介料理をご用意しております。

季節より変わりますので 新着情報SNS でご確認ください。

その4.近江鶏(オウミケイ)

近江鶏せせりと野菜の鉄板焼き
湖国の自然が育んだ「近江鶏」は、ゆとりを持った平飼飼育と低カロリーの飼料給与により、保水力と適度な歯応えを持つ味わい深い鶏肉に仕上がっています。

指定配合飼料には酵母や有用菌を添加し、入雛から出荷まで原則的に抗生物質は使用しない安心安全な健康鶏です。

画像は、オープン当初より大人気の「近江鶏せせりと野菜の鉄板焼き」です^^

その5.今井豚

今井豚とごろごろ野菜のイタリアン角煮
近江八幡市にある今井養豚場で生産される今井豚。

こだわりの飼養管理の元に育てられた安心の豚です。旨味が強く柔らかいのが特徴。

画像はシェフの力作!「今井豚とごろごろ野菜のイタリアン角煮」です!

その6.近江米を使用した薪窯リゾット

近江鶏せせりときのこ 旬野菜のクリームリゾット
滋賀県産 特A米「みずかがみ」を使用。

ほどよい甘みと主張しすぎないさっぱりとした味が、他の具材と合わさるリゾットには最適です!

その7.ペロッタの薪窯

ペロッタ自慢の薪窯
ピッツァはもちろん、薪窯料理に欠かすことの出来ない こだわりの薪窯(石窯)。

オーナーシェフ自ら選び抜き、搬入した石窯です。

☆石窯で焼いたピザや食材のおいしさの秘密

効率よく焼ける

石窯の中はどこも温度差が少なく均一なので、熱風が一気に食材を包み込み、うまみや水分を逃さずに効率よく焼くことができます。

遠赤外線効果

石窯は、加熱されると遠赤外線を作り出します。遠赤外線は食材の内部から温める働きをします。

この遠赤外線と薪の炎で一気に焼き上げるので、旨味や水分を閉じ込め、表面はパリッとこんがり、中はしっとりジューシーに仕上がります。
骨付きラム肉の岩塩焼き ロースト野菜添え
 

たくさんのこだわり・・・

琵琶湖ワイナリー 赤・白ワイン
ヒトミワイナリー 赤・白ワイン
食材はもちろん、調味料料理に合うお酒にもこだわっています。

詳しくは各メニューからご覧頂ければと思います。

こちらからあなたのまだ知らない滋賀を発見して下さい(^^)/